「お前を絶対幸せにするから結婚してくれ!」

人それぞれプロポーズの言葉は違いますが、男性は女性を幸せにするために結婚します。

しかし結婚して新婚生活が始まると、幸せを夢見ていた女性ほど辛い現実を見ることになると思います。

夫婦円満の家族って簡単そうに見えて、実はとても難しいことなんですよね。

結婚したからってずっと仲良くいられる保証はないし、絶対に幸せになれる訳でもありません。

この記事では、結婚した女性が幸せになるための行動力について解説します。

  • 仲が良い夫婦に憧れている。
  • 新婚なのに離婚を考えている。
  • 結婚生活に幸せを感じられない。

そんな女性に読んでもらえたら嬉しいです。

新婚なのになぜ幸せを感じることが出来ないの?

皆さんは結婚に対してどのようなイメージを持っていますか?

おそらく多くの女性が、今より幸せになれる(してもらえる)と思っているのではないでしょうか。

結婚したのに幸せを感じられない女性に共通する点は、幸せに対し受身でいることが原因じゃないかなと私は思います。

受身でいると、夫婦生活において様々な不満や悩みがたまってきます。

例えば夫が家事を手伝ってくれない事とか、夫が自分の会話に無関心な事などですかね。

でも既婚女性のほとんどは、このような悩みを経験します。

幸せに対し受身でいると、このような不満や悩みを夫のせいにしてしまいがち。

なので本来は夫婦で解決するべき問題を、「自分のせいじゃない」と自分で解決しようと思わなくなってしまうんです。

幸せは与えてもらうものではなく掴み取るもの

家族はもちろん、自分自身が幸せになるためには自分から行動することがとても重要です。

幸せは与えてもらうものじゃなくて掴み取るもの。

これは、結婚した女性にも言えることです。

  • まずは自分が幸せと感じることを見つけてみましょう。
  • 夫といつまでも仲の良い関係でいたい。裕福な生活を送りたい。
  • 将来の子供が幸せになってほしい。

自分の幸せが何なのか分かったら、後は行動あるのみです。

女性一人の一歩はとても小さいかもしれないけど、毎日少しづつ歩を進めていけば必ず幸せを掴み取ることができると私は信じています。

夫と仲良くしていたいなら、夫とたくさん会話をし関係を深めていきましょう。

裕福な生活を送りたいなら、貯蓄について一生懸命考えましょう。

このような行動すべてが、自分の幸せに繋がります。

私の幸せは自分の子供たちが幸せでいること

現在私は二人の子供を育てています。

なので私の幸せは、子供たちが毎日幸せでいることです。

でも子供の気持ちってなかなか理解出来ないし、夫や私の子供で良かったと思っているかなんて分かりません。

だからこそ毎日悩むし辛いし、たまには泣いてしまう事もあります。

でも結婚を後悔したことなんて一度もありません。

正直に言うと後悔する暇もないって感じなのかな。

人それぞれ幸せの形って違うから私みたいに頑張れなんて言えないけど、たくさんの不満や結婚生活に嫌気が差している人は、ちょっとだけ考え方を変えてみて行動してみるのも良いと思いますよ。