将来のお金のことを考えると、自分も働いてお金を稼がなきゃと思いますよね。

「結婚しても働き続けたい。」

結婚生活は色々とお金が掛かり、将来の不安から共働きを望む既婚女性がたくさんいます。

でも仕事ばかりを優先して、家事をする体力が無く毎日ヘトヘトになってしまうのも大変ですよね。

既婚女性の働き方って探せばたくさんあって、自分のライフスタイルに合った仕事を見つけないと長続きしないし、自分が大変な思いをしてしまうものです。

今回この記事で解説するのは【自分のライフスタイルに合う仕事】についてです。

  • 結婚しても働きたい。
  • 自分に合う仕事がわからない。

そんな女性に読んでもらえたら嬉しいです。

あなたが理想としているライフスタイルは何ですか?

新婚女性のライフスタイルは人それぞれ違って、理想とするライフスタイルも異なります。

あなたが将来希望しているライフスタイルってどんなものですか?

  • 専業主婦として家庭を守りたい。
  • 夫と共働きをして家計を支えたい。
  • キャリアを積み上げて社会に貢献したい。

場合によっては他人に意見されることもあると思いますが、どのライフスタイルもあなたが家族のことを第一に考えて決めたことなので、自信を持っていいと思います。

しかし人によっては自分のライフスタイルよりも目先のお金を優先して仕事を決めてしまいがち。

なのでまずは将来どのような家庭を築きたいかなど、自分の家族に合った立ち位置をしっかり考えることが重要だと私は思います。

ライフスタイル別にオススメな働き方を紹介

ここからは、既婚女性のライフスタイルに合ったさまざまな働き方を紹介します。

ここで紹介する仕事は、私が考える理想の働き方なので絶対に正しい訳ではありません。

なので最終的には自分で考えて結論を出し、ここで紹介する働き方は参考程度に留めておくといいかもしれません。

家事を疎かにしてでもお金を稼ぎたい

このタイプの女性は恐らく将来のお金が心配で、今のキャリアを活かして働き続ける自身がある人だと思います。

私はこのような自信を持つことができなかったので正直うらやましいです。

このようなライフスタイルを望む場合は、結婚しても正社員として働き続ける、もしくは転職してもキャリアを活かすことができる正社員として働くのが合っていそうですね。

しかし、そのためには夫のサポートが必要不可欠。

家事の分担や夫婦の会話を大切にしないと、早いうちから夫婦のすれ違いが起きる可能性もあるため、二人で協力することが必要不可欠な気がします。

また転職する場合にも、色々な資格を持っていると有利に働く場合があるので、積極的に資格の勉強をするなどのチャレンジ精神があるとなお良いと思います。

事と仕事の両立のためバランスよく働きたい

「仕事もしたいけど、夫のために家事もしっかりやりたい。」

そんな人は契約社員、もしくは無期雇用派遣サービスを利用した働き方が合っていると思います。

契約社員や無期雇用契約社員は、正社員として働くことはできないものの、自分のライフスタイルによって勤務時間もある程度自由に決められるメリットがあります。

また、無期雇用契約社員なら雇用期間がなく、月給でボーナスも支給される場合がほとんどなので既婚女性でも安定して働くことができると思います。

ぷん

無期雇用契約で働くならマイナビキャリレーションがオススメです♪

家事を優先しつつ時間にゆとりを持って働きたい

「お金よりも自分の時間を優先したい。」

そんな人はパートやアルバイトなどの短期労働がオススメです。

短期間労働は正社員と違い日給や時給の場合がほとんどですが、そのかわり決まった時間で仕事を終えることもできるし、働く日数や時間も正社員よりはるかに短いです。

またパートやアルバイトは業種関係なく未経験でも始めやすいため、資格がなくても安心して働くことができます。

時間に縛られず好きな時に働きたい

「専業主婦でいたいけど空いた時間にちょっと働いてみたい。」

そんな人は、クラウドソーシングを使った働き方がオススメです。

クラウドソーシングはネット環境があれば自宅にいても仕事をすることができ、短時間で可能なタスク作業も豊富にあるので、家事の合間でもお金を稼ぐことができます。

最近はクラウドソーシングを使ったフリーランスの女性も増えてきて、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスも年々向上しています。

仕事案件も豊富にあるので、自分ができそうな仕事がないかチェックしてみるのも良いかもしれませんよ。

まとめ

この記事で紹介したように、既婚女性の働き方って色々あります。

将来安心して暮らすためにはお金があった方がもちろん良いと思いますが、まずは自分のライフスタイルとしっかり向き合い、無理のない働き方を探すのも大切な気がします。